数独よりも俳句

兄が、認知症予防のために、母に数独の本を買って来ました。
でも、ちょっとしんどかったようです。

で、母に言いました。
「数独よりも俳句。慣れたものは絶対できるから」と、私は俳句の再開を薦めています。
絵画や俳句、物作りなど、”生み出すもの”に携わっている芸術家は、一番認知症になり難いようです。

しかし、元気な時にどんなに頑張っていても、病気になったら続けられなくなる場合もある、というのが、母を見ていてよく分かりました。
そして、一度止めたら、再開するのは難しいです。

by popojas195 | 2015-09-20 23:34 | 家族の暮らし | Comments(0)

パソコンスクールの仕事と日々の暮らし


by popojas195
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る