2度楽しめる本

2度楽しめる本を、買いました。泡坂妻夫さんの「生者と死者」です。
袋とじになっていて、最初はそのまま読んで短編小説。
次に、袋とじの部分を開けて、長編ミステリーです。

袋とじを開けると、短編は長編に飲み込まれてしまいます。

2度楽しめる本_f0243509_16112387.jpg


by popojas195 | 2014-07-18 12:13 | 趣味も暮らし | Comments(0)

パソコンスクールの仕事と日々の暮らし


by popojas195
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る